借金の金利が俺の財布を蝕む

日刊紙の折込チラシ、スポーツ紙、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールで、「債務の合理化手伝います」「多重負債を集約したくありませんか」という宣伝を読むことがありませんか。

 

このようなものは、「整理業者」「買取専門人」「つなぎ屋」という通称の悪徳企業の詐欺広告のケースがあるのです。

 

こういったものを使った場合は破産申請プロセスの中で一番重要な免責決定を受け取れないパターンが存在します。

 

「整理人」というのはDMなどで負債者を呼び出し、法外な費用を受けて債務整理をするのですが、現実には借金整理は行われないまま、債務人はさらに借金地獄に落ちる失敗が大方になります。

 

「買取屋」は、当人のカードで飛行機の券などを多量に仕入れさせ、これらの品々を買った値段の10%もしくは額面半額で受け取るという手段を使っています。

 

負債者は一時は金が懐に入りますが、いつかカード業者によって買ったものの全額の督促が送られてきて、実際は借金額をアップさせる結果となります。

 

この場合、クレジットカード業者相手の詐欺行為ということになり免責許可を受けられません。

 

「つなぎ屋」というのは、大口の消費者金融から断られる負債人に対して、ダイレクトな融通は全然せずに、融資をしてくれる違う会社を知らせて、常識外の経費を要求する企業です。

 

つなぎ業者は専門的な経由で金貸ししてもらえたという口調で会話しますが、実際は何もせず、種は簡単でルールのゆるめの企業を分かっているというだけなのです。

 

このケースも結局は負債額を悪化させることとなります。

借金 絶望