努力次第で

通常のFX取引の教科書では、「損が生まれた時はナンピンすることで全体の買い付けコストを小さくする事が出来る」とアドバイスしていると思いますが、実際はナンピン買いには大きな罠がある。

 

まずはじめに、ナンピンのやり方に関してごく簡単に記述します。

 

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$買いなので円安ドル高になれば黒字が大きくなるわけですが、逆に95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。

 

このままの状態でポジションを保持し続けたら、損失が戻るためには5円分、ドル高に向わなければなりません。

 

損は早急に回復したいと願うでしょう。

 

この状況を変えるため最初に取引したのと同額の$(ドル)を1ドルを95円で取引します。

 

そうしたら、全体のコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。

 

言い換えると、2円50銭の幅で円安に進めば、損失を失くせます。

 

こういったことがナンピン買いのやり方です。

 

このような、ナンピンのやり方をみると、「納得だ」という考えになるが相場は簡単には思った通りにはなりません。

 

元々、1ドル=95円が底だということなど、誰一人として分かるはずがありません。

 

もしも、外国為替市場が相当のドル安の流れだったら1ドル95円では下げ止まることなく、更に一段のドル安になるリスクは高いです。

 

たとえば、97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル95円まで円高になったらナンピン買いしたポジションについても赤字が生じます。

 

これでは、最初に売買したドルと合わさって、二重のマイナスを被ることになる。

 

例示したとおり、ナンピンは難しいです。

 

それならば、為替が筋書きとは反対にさっと向ってしまった場合、どういった方法で危険性を避ければいいのでしょうか。

 

こういう場合には選択する術は2つだけあります。

 

最初のひとつは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。

 

もうひとつの手段としてはその段階で、あなたが所持している買いポジションを小さくする事によって再度市場が戻るのを黙って待機する事です。

 

少し大人しい対策だとみる方もいるでしょう。

 

だがしかし、所有している買いポジションに損失が生じた場合、一番適切な手法はこの他には考えられない。

 

ロジックとしては、ナンピンを入れるという術もあるように思えます。

 

だけどナンピンは、自分かマイナスになっている場面にもかかわらず、ポジションを無くすどころかそれとは反対に買いポジションを積み重ねていく対策です。

 

この手段では、危機を削減することなど、どこをどうやっても無謀だと考えるべきです。

 

ナンピン買いを続けられればやがては損失が回復するかもしれません。

 

だがしかし、そうなる前に資金がマイナスになってしまいます。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 努力次第で
  2. テスト